kikichannel 〜WebマーケティングやSDGsについての雑記ブログ〜

Webマーケティングと、SDGsに関する情報や考えたことなどを記載していきます。

山火事はなぜ今頻発しているのか? について

気候変動によって山火事が頻発している



毎日本当に暑いですよね。子供が熱中症になったり、水の事故も気になっています。
そして、世界で起こっている山火事も大変なことになっています。



▼今起こっていること 
米国で大規模な山火事が頻発している。カリフォルニア州北部で発生した森林火災は1日朝までに225平方キロメートルに広がり、2人が死亡し、約2000人が避難をしている。観光地のヨセミテ国立公園周辺でも火災が起きたばかりで、熱波や乾燥による被害の拡大が目立っている。

さて、なぜこのようなことが起こっているのでしょうか。
それは地球温暖化が関係しているのです。
気候変動が起こり、気温が上昇し、乾燥した結果に起こった自然発火なのです。

自然発火は一般に、森林内に積もった枯れ葉や枯草が擦れ合って起き、周りの木々に燃え広がっていくのです。

ここまで燃え上がってしまうと、もはや消防などでは消せないレベル。
225平方キロメートルに広がった山火事を、どう消化するというのでしょう?
無理ですよね。

そしてこのまま温暖化が進むととどうなるでしょうか?

もちろん、こういった山火事が増えていく、ということです。そして火の燃焼によりCO2は増え・・・悪循環ですね。山林はCO2を吸収し、酸素を増やしてくれる作用があるというのに。歯止めがかからない温暖化ですが、私たちは電気もガスもある、同じ生活を続けています。

少しでもエネルギーをつかわず、地球を汚さないように暮らすことを、考えていきましょう。


海洋プラスチックを使ったアクセサリーが素敵すぎる

海洋プラスチック問題はご存知でしょうか?

 

わたしたちが日常的に使っているプラスチック製品は、いつの間にか

海に流れ込んでいるのです。


プラスチックは半永久的に自然分解されない物質です。

海に流れ着くと粉々に砕けてしまい

海の奥底まで沈んでしまい、回収することが困難になります。

 

そしてこのプラスチック、かなり小さく細かくなっているので、

海洋生物の体にも入っているのだとか。

そしてその量はなんと

世界中の海に1億5000万トンもあり、
さらに年間800万トンが新たに流入しているというのです。

ちなみに、海洋プラスチック問題は以前こちらの記事でも詳しく書いています。

kikichannel.hatenablog.com

 

これは、大変深刻なことですよね。

これを多くの人に知ってもらいたい、ということで淑徳大学

交流文化学部で始まった海洋プラスチックアクセサリーブランド「sobolon」

海で拾った海洋プラスチックが

とても素敵なアクセサリーに生まれ変わりました。

 

売上の一部を国際環境NGOグリーンピース・ジャパン」に

寄付しているそうです。

私も、海洋プラスチック問題は、

とても気になっています。

こういった商品のことを通じて
海洋プラスチックのことをもっともっと知ってもらい、

少しでも海に流れ込むプラスチックを減らそうと、思ってくれたら、

素敵ですよね。

 

私たち一人一人の行動が未来を変えていくのだと信じているので。

この「sobolon」、とても素敵です。

見るたびに海を思い出させる。

そしてこの商品の誕生秘話、商品の物語。

これこそがサステナブルな未来を作るマーケティング戦略なのではないでしょうか。

今回のKDDI通信障害と夏の電力不足について調べたり考えたりしたこと。

もし停電になったら携帯は繋がるのか?

KDDI通信障害、巻き込まれた人は大変でしたね~

携帯が繋がらないだけのことのような気もしますが、

ネットがつながらなくなるとこんなに混乱するんだ!とちょっとびっくり。

でも確かに、

テザリングでPCをつなげて仕事している人や、

携帯電話がないとお仕事にならなくなっちゃう営業系は

この間仕事できないので、大変なことなんだなって思いました。

 

そしてこの夏の電力不足。

電力がなくなると、停電になることもあると思うのですが
その時、通信インフラってどうなってしまうのか

について調べてみました。


ーーーーー
もし停電になったら? 公式サイトから情報を拾ってみました。

 

ソフトバンク

https://www.softbank.jp/corp/sustainability/esg/social/disaster/restoration/
基地局の持ち時間 48時間から最長72時間
・移動電源車の全国配備
・周辺基地局のバッテリー増強や発電機などの配備を強化

・移動電源車 100台

 

AU

https://www.kddi.com/important-news/20141219/

基地局の持ち時間 不明

・電話サービス:使えなくなる

・インターネットサービス:使えなくなる

 

Docomo
https://www.docomo.ne.jp/corporate/csr/disaster/

基地局の持ち時間 24時間以上稼働
・衛生エントランス基地局の増設 約1900局

 

これだけ見ると、ソフトバンクって災害があっても停電になっても、

携帯はつながりそうな印象ですね。

AUはイマイチ・・・何かしらの対策はしているのでしょうが、努力が伝わってこない。

Docomo基地局ソフトバンクほどではないにせよ、衛生を使った基地局対策をしていそうです。

 

 

 

 

地球温暖化問題とパンデミックがあいまって、メタバースの時代が本当にやってくると思った瞬間

メタバース・・・本当にそんな時代がやってくるのか?

と思っている方もいるかもしれません。

フェイスブックはMETAに名前を変えるし、

私もそんな時代がくるのかわからなかったけれども、

「あ、これは本当にメタバースの時代がやってくるかも」

と思った出来事というか、ニュースがありました。

 

それは、

JR東日本「ローカル線」 すべて赤字存続の危機(2022729)

というニュース

www.youtube.com

これはもう、しょうがないというか。

どんなに効率化をして人を輸送しても、利用人数が少ない地方では存続が難しくなっているということでしょうね。

 

そこへ、コロナ禍によってますます人が移動しなくなる事態に。

さらに、長期的には異動によるエネルギー消費もありますよね。


電車を走らせればその分エネルギーを消費してCO2が出てしまうということ。

 

・コロナによって人が移動しなくなってきた

・CO2問題もありおそらく「移動しない」人も増え利用者はますます減る

 

それによって何が起こるか?

 

廃線か、もしくは運賃が高くなる。

電車に限らず、電車や飛行機など運賃がとても高くなり、

移動すること自体が贅沢なものになっていくのではないか。

 

その結果、やっぱりメタバース空間で仕事をしたり、

人と会ったりする機会が増えるんじゃないかと。

 

多分こういう乗って日本は乗り遅れるのが遅くなるから

まだ少し時間はかかるんだと思うんだけど、

やっぱりメタバース時代はいずれくるんだろうなと思った。

 

 

 

 

気づけばアラフィフ。副業で自分らしさ。会社でスキルアップを目指したい。

ふと、我に返ってみる。

上場企業にいるし、ずっとリモートワークだし、悪くない待遇ではあると思う。

でも、もうアラフィフなので、企業側としては私のような人材に対して給与アップはしないだろう。
一方、定年まで働くのは難しいだろう。

年金はもらえるかはわからない。

ではどうするか?

やっぱり副業なんじゃないかと。

 

企業側も副業を推奨する企業が増えてきたというのも頷ける。

 

給与が上がらない → 頑張れない。
組織の中で人が動かない → 新しいノウハウが入ってこない。

 

でも社員側が副業をやれば新しいノウハウを身につけてくれる。

そして、給料が上がらなくても、不満にはつながらない。

副業がうまく軌道に乗れば、会社を卒業してくれる。

 

ずっと会社でのらりくらりとされるよりかはずっといいのだ。

しかし、会社が忙しすぎて、なかなか副業まで手が回らない、というのが実情だったり。

 

会社では求められる役割を果たし、そこそこに働いた上で

やはり企業を目指したい。

 

ということで目について、今読み進めている本がこちら。

これ、Kindleの試し読みで607ページまで読め、

まだ冒頭の段階なのですが、

かなりいいです!

同じように副業したい、と思っているかた、絶対に最初のワーク、

9個の質問に答えてみてください。

やってください。ずっと何をネタに副業したいのかわからなかったけれど、

これをやっただけで私、けっこう自分の持っているスキルややりたいことが見えました。

 

まずは、書く、というだけの行動、ぜひやってみてください。


牛のゲップから発生するメタンが超絶地球環境に悪い。農業存続と最新のテクノロジーを使った対策2つ

牛のげっぷが環境に悪いなんて・・・



 

牛のげっぷに含まれるメタンがCO2以上に温室効果があることはご存知でしょうか?

メタンガスの温室効果はなんと、CO2の25倍もあるのです。

しかも・・・ご存知でしたでしょうか。
19世紀後半以降1.1度の地球の平均気温上昇のうち、0.5度は

メタン濃度が上昇した影響なのだとか。

ーーーーーー
メタンは温暖化に関係しているの?

メタンの温室効果は、温暖化の原因としてよく知られている二酸化炭素(にさんかたんそ)の25倍以上にもなります。物質の温室効果を表す指標に「温暖化係数」(Global Warming Potential:GWP)があります。これは、その物質が地球を温暖化させる能力を二酸化炭素と比べた数字で、メタンがのGWPは25(100年間での影響を計算した場合)。つまり、メタンを1t排出すると、二酸化炭素を25t排出したのと同じくらいの影響があります。
出典 キッズネットhttps://kids.gakken.co.jp/kagaku/eco110/ecology0042/

ーーーーー

 

個人的には乳製品が大、大、大好きなんです。

チーズとか生クリームとか牛乳とか。

我が家の子供たちも乳製品がなくなったら、はっきり言って生きていけないですね><

 


最新の技術を使ってメタンガスを減らすため、農林水産省や畜産業者がおこなっている対策について記載していきます。

 

 

牛のメタンガスを減らす対策①細菌や餌で減らす

 

牛や山羊のようなはんすう動物は、草を食べ、食べた物を胃から口へ何度かもどして、ゆっくりと消化していきます。牛は4つの胃を持っているのですが、そのとき、1つ目の胃の中にいる微生物のはたらきでメタンが発生するのです。
そして、最近の研究では、このメタン産生を抑える効果がある新規の細菌種が見つかったということです。

 

また、牛が食べるエサも、メタンを減らす効果があるものがあります。

北海道大学などは、カシューナッツの殻(から)から取れるエキスをエサに混ぜてウシに食べさせると、胃でつくられるメタンの量が少なくなる研究結果が発表されています※1

 

※1 カシューナッツ殻液の給与は泌乳牛のメタン産生量を低減させる

 

https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nilgs/144910.html


出典 

https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nilgs/144910.html

 

 

牛のメタンガスを減らす対策② 低メタン牛の育種

br />牛中にも「低メタン産生牛」、つまり、生まれつきメタン産生量の少ないウシがいるとのこと。

そういった個体を選び(育種選抜)その子孫を増やしていけば、将来においてウシ消化管からのメタン産生量を減らせる可能性は高くなるのだとか。

510年程度で10%近い排出削減も期待されています。

 

 

みんな大好き!マクドナルド。 サステナブルな取り組みは果たしてできているのか?

今日、久しぶりにマクドナルドに行きました。

マクドナルドって流石グローバル企業だけあって、

天才的にマーケティングがうまいですよね。
我が家の子供たちは「マック行くぞ~」というととても喜びます。

マックは美味しいけれどゴミがいっぱい出ますよね・・・



マックをテイクアウトして家に持ち帰って

食べたのですが、食後に出るハンバーガーやプラカップのゴミ。

これ、ゴミ箱に入れると結構かさばりませんか?
そして、子供たちは喜ぶけれど、数日経つとすっかり飽きてしまうハッピーセットのおもちゃ。
大抵の場合、プラスチックでできていますよね?
今海洋プラスチック問題が大きくなっていることはご存知でしょうか?

果たして、みんな大好き日本マクドナルドは、サステナブルな未来を目指した

取り組みをどれだけしているのでしょうか?

 

気になったので、マックのサステナビリティレポート※を見て
私が個人的にこれは影響が大きいだろう~と思った取り組みを3つ挙げてみました。

サステナビリティレポートとは 
「持続可能な社会の実現に向けて、企業がどのような取り組みをしているかを開示する報告書」です。「CSRレポート」や「環境報告書」、「統合報告書」などとも言いますが、最近では決算書と共にサステナビリティレポートとして公開する企業が増えています。)

参考資料 マクドナルドサステナビリティレポート2021
https://www.mcdonalds.co.jp/sustainability/sustainability_report/

 

①紙製パッケージを FSC®製品へ

しかし、2021年は作対比で+10%

なんと・・・減るどころか、ゴミは増えていました。マクドナルドは売上も昨年対比10.7%で伸びたのでそれに伴い増えたようです。

マックの紙袋は、森林環境に配慮して作られたFSC®︎認証済み資材を利用するようになったようですが、いくら環境に優しい素材を使っているとはいえ、そもそもの廃棄物の量も減らさないことには自然環境への負担を軽くすることはできません。

私は個人的にもっともっと梱包廃棄量を減らす工夫をしてほしいなと思います。

 

②プラスチック削減の取り組み。


プラスチック使用量ですが・・・
こちらは昨年対比14.1%。だいぶ増えていますね。

今、海のプラスチックが流れ込んでそれが海にかなりの量になって溜まっているのはご存知でしょうか? プラスチックは他の物質と違って分解されないので一度自然界に流出するとずっと溜まってしまうのです。これが、大問題になっている今、いまだにストローや飲み物の蓋はプラスチックのまま。
ただし、これも2022年中には紙ストローに変更するなどしていくとのことです。

一刻も早く削減してほしいものですね。

 

③プラスチック製おもちゃの2R (リデュース・リサイクル)強化

これはみんな大好きハッピーセットですね。

あれ、大抵プラスチックでできていますが、

我が家にもいっぱいあります。
買うたびに増えていくガラクタ・・・というイメージですが。

子供たちはあれが欲しくてマックに行きたいわけで。

マックとしてはこのハッピーセットのおもちゃをリデュースしたりリサイクルしたりしていくらしいです。素材もサステナブルな素材に変えていくとのこと。
これ、本気で減らしてほしいです。
すぐに飽きちゃって、ほんと勿体無いし、環境に悪いならなおさら悪いです。

 

というわけで、みんな大好きだけれども、

その分社会的な責任の大きいマック。

ポイ捨てされたマックのゴミを見ない日が来ることを

心から祈っています。